2007年09月10日

イタリアGP決勝。フェラーリの夢、潰える。

以下の記事は「サムライな日々」で投稿したものの転載です。


昨日の予選終了後に予想していたアロンソの独走が現実のものとなり、2位にもハミルトンが入ったということで、マクラーレンが見事な1−2フィニッシュを決めた今年のイタリアGP。

一方のフェラーリは、1ストップ作戦という奇策を使ったライコネンが何とか3位に入ったものの、マッサに至っては早々にリタイアするという、最悪に近い結末となってしまいました。

これが、普通のサーキットならともかく、フェラーリの聖地モンツァで、せっかく地元の熱烈なファンの後押しを受けられる地の利があったにもかかわらず、それを活かすことができなかったということで、そのショックは計り知れないものがあるように思われます。

さらに付け加えれば、チャンピオン争いトップのハミルトンが8ポイント、2位のアロンソが10ポイントを加算したのに対し、3位だったマッサはあまりにも痛すぎるノーポイント、4位だったライコネンも6ポイントを加算しただけということで、コンストラクターズポイント、ドライバーズポイントともにフェラーリ勢はマクラーレン勢に大きく水をあけられることとなり、残り4戦あるものの、計算上は終戦を迎えたとさえ言えるように思われます。

こうなると、いよいよアロンソとハミルトンの一騎打ちという様相を呈してきましたが、ここ数戦の勢いを考えると、やはりアロンソの方がかなり優位に立ってきたように思われます。

何といっても過去2年、ライコネン、シューマッハという強敵を向こうに回して勝ち抜いてきた経験がありますし、勝利を希求する貪欲さは、現役ドライバー随一。

いかにハミルトンがスーパールーキーであっても、「ルーキー」であることに変わりなく、
過去に走ったことのないコースが次々と現れることも考えると、わずか3ポイントしかリードが無いということと合せて厳しいと言わざるを得ません。

そうなると、やはり今年はアロンソなのかということになってしまいそうですが……、そもそもハミルトンがこんなにやるとは開幕前は誰も思っていなかったわけで、まだまだ結論を出すには早すぎるように思えます。

というわけで、次戦ベルギーGPが開催されるスパ・フランコルシャンの結果を見て、このことについては考えたいと思います。
posted by samurai@seesaa at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。