2007年09月19日

ベルギーGP決勝。コンストラクターズチャンピオン決定。

モンツァで完敗したフェラーリが、ヨーロッパラウンド最後のスパで見事に1−2フィニッシュを決めました。

同時に、スパイ疑惑に関する判決によってマクラーレンのコンストラクターズポイントが剥奪になっており、2位に繰り上がったBMWとの差が54点を超えたことで、フェラーリのチャンピオンが決定しました。

このコンストラクターズチャンピオンについては、マクラーレンがいなくなった時点でフェラーリが獲ることが確実と言える状況でしたが、それでも久方ぶりのチャンピオンになったことに変わりはなく、陣営としてまずは一安心といったところでしょう。

一方、ドライバーズチャンピオン争いに関しては、ハミルトンが4位、アロンソが3位ということで、その差がついに2ポイントまで縮まり、次戦でアロンソがハミルトンより2ポイント多くとれば順位が入れ替わるところまできました。

また、ここにきてライコネンも首位のハミルトンまで13ポイント差まで迫ってきており、事実上この3人でタイトルが争われることとなったのですが、残りが3戦しかないことを考えるとやはりマクラーレンの二人のどちらかと考えるのが妥当なところ。

こうした状況で次戦の日本GPが行われる富士は、全てのドライバーが走っていない、つまりハミルトンがイコールコンディションで他のドライバーと対峙できる最後のコースなので、ハミルトンとしては是が非でも勝ちとっておきたいところでしょう。

一方のアロンソは、彼のこれまでの戦いぶりを見ていればわかるように、ここまで来れば勝つことよりも、ハミルトンよりも前でフィニッシュすることに照準を合わせていることでしょうから、マシンに無理をさせず着実にポイントを積み上げていくことでしょう。

前の二人に比べて得点差のあるライコネンに付け入る隙があるとすれば、まさにそのアロンソが対ハミルトンで守りに入ったところでしょう。

そこにマッサがからんでくれば、例えばベルギーGPのように1−2フィニッシュを決めることになれば、僅かながら逆転のチャンスもあるかと思われます。

そのような緊迫感が漂う中で行われるだけに、今年の日本GPは、確実に見ごたえのあるレースになるでしょう。
posted by samurai@seesaa at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56028288

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。