2007年09月30日

日本GP決勝。ハミルトンが王手!

富士スピードウェイの上空に留まった雲は、昨日の予選の後も雨を降らせ続け、開始直後の危険を避けるスタートがセーフティカーの先導で行われることとなりました。

この時点で圧倒的に有利になったのが、ポールからのスタートのハミルトン。

通常のスタンディングスタートであればスタートの上手いアロンソがハミルトンに並ぶ可能性もありましたが、セーフティカー先導の場合は、セーフティカーのランプが消えてレースが開始される時でも、コントロールラインを過ぎるまではオーバーテイクをしてはいけないために、様々な小細工を仕掛けることができるのです。

実際、ハミルトンは最終コーナーで急減速したことでアロンソの出鼻を挫き、悠々とトップをキープ。

そして、その後ろからフェラーリの2台が来る……はずが、富士の路面と雨の強さを読めなかったのか、フェラーリらしからぬミスでウェットタイヤの選択を誤ったことで、無駄なピットインを余儀なくされ、最後方に。

これで、完全にマクラーレンの2台の、そしてチャンピオン争いをしている2人のドライバーの一騎打ちの展開になり、アロンソがハミルトンの前に立てるかどうかだけが、上位陣の見どころとなってしまうかに思えました。

しかし、そこは雨のレース。一筋縄ではいかず、1度目のピットストップを終えたアロンソが中段に下がった際に、ペースを上げることが出来ず、さらに中継では分りませんでしたが、サイドポンツーンを恐らく他の車と接触したことで痛めてしまうことに。

当然、この影響でマシンコントロールが困難になってしまい、最後はクラッシュしてリタイアしてしまうという最悪の結果になってしまいました。

このクラッシュで再びセーフティーカーが入ることになりましたが、ハミルトンに続くのは、ウェーバーとベッテルということで、チャンピオンシップ争いで残るライバル、ライコネンとマッサは後方にいる、ハミルトンにとってはまさに理想的な展開。

もしもこのまま終わっていれば、ライコネンのチャンピオンの芽も完全に摘み取られることになっていましたが、あろうことか新人のベッテルがウェーバーに追突して二人ともがリタイアする予想外の事態が起こり、必然的に後ろの順位が2つずつ上がることに。

これで、最後方から着々と順位を上げていたライコネンが上位に顔を出し、また通常のオーバーテイクポイントとは異なる100Rでクルサードをアウトから抜き去って、同じく順位を上げていたマッサのすぐ後ろに。

ここでフェラーリがチームオーダーすれすれの、マッサをピットに入れるというフェラーリらしい、しかしシーズンを通して考えるとあまりにも遅すぎる行動で、ライコネンを前に出し、タイトル獲得を支援。

これでコヴァライネンとの同郷対決となりましたが、ライコネンのプレッシャーを耐え忍んだコヴァライネンが防ぎきり、順位はそのままでフィニッシュ。

もちろん優勝は、ハミルトン。


このレースの結果、ハミルトンとアロンソの差が12ポイントに広がり、次戦の中国GPでハミルトンが優勝、あるいはアロンソがハミルトンとの差を1ポイントしか詰められなければ、チャンピオンが決まるということになりました。

また3位に入ったライコネンとハミルトンとの差も17ポイントとなり、数字的な可能性こそ残されているものの、タイトルが絶望的となりました。

というわけで、昨日予選終了後の段階では、どう順位が入れ替わるかということに着目していましたが、その想像を遥かに超える、タイトル争いが一気に動き出す結果となりました。

次のレースで決まるのかどうか注目したいと思います。
posted by samurai@seesaa at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。